筋肉増強剤@通販

筋肉増強剤@通販では、短期間でしっかりとした筋肉をつけたい方や筋肉を落とさずにダイエットをしたい方等にお勧めとなっております。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

男性ホルモン
10件の商品がございます
表示件数
並び替え

男性ホルモンとは

男性ホルモン(アンドロゲン)は男らしさを強調する役割がある数種類のステロイドホルモンの総称です。
精巣から活発に生産されるテストステロン,テストステロンが5αリダクターゼ(酵素)によって還元されることで合成されるジヒドロテストステロン,副腎皮質から男女共通で分泌されるアンドロステロン,副腎皮質から合成,生産されるデヒドロエピアンドロステロン,アンドロゲンやエストロゲンの生産過程で合成されるアンドロステンジオンなど数種類の男性ホルモンが存在します。
それぞれの男性ホルモンには健やかな体で健康的な生活を送るために重要な働きがあります。
一言でいえば「男らしさを強調するホルモン」なので、男性ホルモンの分泌量が多い人は男らしく、男性ホルモンの分泌量が少ない人は中性的な体格,性格になる傾向があります。
年齢的要因,先天性の分泌量不足によって男性の体に不調を及ぼす可能性もあります。

別名「社会ホルモン」

男性ホルモンは「社会ホルモン」とも例えられています。
これは男性ホルモンの分泌量が多い男性の声が大きく、自分の意思を主張し社会的に高い地位を確保しようとする傾向が高い事が「男性ホルモン=社会ホルモン」と例えられる要因となっています。
男性ホルモンの中でも体に与える効果が強い睾丸から生産されるテストステロンの分泌量が多い男性は、肥満が予防され筋肉が付きやすい傾向があります。
バリバリ仕事をこなしている男性がかっこよく見えるように,活力がみなぎっている男性がかっこよく見えるように男性ホルモンの分泌量が多い男性は女性に慕われ子孫を残しやすい、社会的地位を確保しやすい傾向があります。
イケメンなのに彼女が出来ない人が居たり、不細工なのに女性関係が良好な人がいるなど世間で見かける不可思議な光景は男性ホルモンが関与しているのかもしれませんね。

テストステロン値が高い男性の傾向

男性ホルモンの中でもテストステロン値が高い男性には、以下のような傾向が見られます。

  • 達成感を求める
  • リーダーになりやすい
  • 強く短い言葉で印象を与え、人の心を掴む
  • 縄張り意識が強い
  • 損得勘定で動き自分のメリットに繋がる選択肢を選ぶ

これらの傾向は、「いわゆる男らしい人」の印象と一致すると思います。
男らしくなりたいけれど、どういった行動を擦れ良いのかわからない人や、無意識に男らしくないと感じる行動や考え方を行ってしまう人は男性ホルモンの分泌量が少ないのかも知れません。
自分の性格を男らしくしたい,もっと社会的地位を獲得するためのハングリー精神を身につけたいという人は、男性ホルモンを摂取することで理想が叶うかもしれません。

男性ホルモンが不足した時の体の変化

上記で紹介させて頂いた通り、男性ホルモンは男らしさを司るホルモンです。男性ホルモンの分泌量が多ければ多いほど、男らしく減少すれば男らしくない体格,考え方に変わり、この症状は男性更年期と言われています。(女性でいう更年期障害のようなものですね)
男性ホルモンが不足したことで引き起こされる体の不調として真っ先に挙げられるのは「倦怠感」です。
やる気が出ない,物事を達成しようとするのが面倒,運動する気になれない,これらの倦怠感は年を重ねたことによる男性ホルモンの分泌量の低下やストレスによる男性ホルモン不足が原因になっていることが多いです。
倦怠感と共に性行為に対して前向きになれない,男性機能が弱くなったと感じる人も多いですね。
男性ホルモンは抗肥満や抗メタボなどの体を引き締める働きもあるため、分泌量が低下することで筋肉が少なく脂肪分が多いだらしのない体になる傾向があります。
倦怠感,体の肥満が目立ってくる40代50代は男性ホルモン分泌量のピーク時(20代)のおよそ3分の2まで分泌量が低下していることが研究により判明している為、男性ホルモンが身体とメンタルに大きな影響を与えていることがわかります。
やる気に満ち溢れた活動力のある昔の自分に戻ることは出来ないと考える人が多いのですが、男性ホルモンは薬から摂取する方法や、筋トレ等によって増加する事が出来るので「年のせいだから」と諦めてはいけません。

男性ホルモンを増やす為に

男性ホルモンの分泌量が減り、何事に対してもやる気が出ない運動をする気が出ないという人は、男性ホルモンの分泌量を増やすために行動を起こす必要があります。
男性ホルモンは食生活を変えることで分泌量が増える傾向にありますが、ある程度お年を召してからでは食生活を大きく変えたことによるストレスで、男性ホルモンの分泌量が更に低下してしまう可能性があるため筋力トレーニングをお勧めします。
腹筋でも腕立てでも何でも良いので、体を鍛えているという感覚を与えることで男性ホルモンの分泌量が増えます。
これは体を鍛え自分自身を強くするという男性的活動により脳が刺激されることが理由となっています。仕事が忙しい,プライベートの時間が少なくて筋トレをすることが出来ないという人や、確実に男性ホルモンを増やしたいという人は外用薬を使った男性ホルモンの摂取がオススメです。
衰えた男性機能も回復する傾向にありますし、以前より活気みなぎる性格に変化します。
もし外用薬から男性ホルモンを摂取した場合にも、摂取する量によりホルモンが与える影響には個人差があることだけ覚えておいてください。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県